Category archives: ビジネス

プライバシーマークの取得理由とは

プライバシーマーク制度の認定を受け、会社のウェブサイトやパンフレットなどに、プライバシーマークを表記している企業が増えました。
プライバシーマーク制度の認定を受けた企業はたくさん存在しますが、どのような理由から、プライバシーマーク制度の認定を受けたのでしょうか?

プライバシーマーク制度の認定を受けるに至った理由としては、プライバシーマーク制度の認定を受けている企業が増えてきたことや、取引先から勧められたなどの理由が挙げられます。
しかし、様々な理由の中でも最も大きいものは、個人情報の漏洩や紛失などの過失を起こさないように、企業内で個人情報保護の体制を構築したいという所にあるのではないでしょうか。

やはり、個人情報の扱いを適切に行うことのできる企業は、利用者の方々や取引先の企業などから信頼を得ることができます。
また、個人情報保護に対する、従業員一人一人の意識を高めることもでき、個人情報保護に対しての関心が高まっている現代に適応することができるようになるのです。

 

プライバシーマーク セミナー プライバシーマーク専用eラーニング「V STUDYプライバシーマークを自社開発!

オリジナル風呂敷作成の注意点

オリジナルの風呂敷を作るのは決して難しいことではありません。
自分の希望を適切にお店に伝えることができれば、誰でもオリジナルの風呂敷を手にすることができます。

そうは言っても、オリジナルの風呂敷を作るときの注意点はいくつかあります。
それらのいくつかを紹介したいと思います。

まず、色です。
風呂敷のデザインは、データで渡すか、紙に印刷するなどして渡しますが、ここで、色の微妙な違いが出る可能性があります。

特にデータで渡した場合、あなたのプリンタと、お店のプリンタの違いから、若干の色の違いが出てしまう可能性があります。
お店は、お店で印刷した結果の色しかわからないので、あなたのイメージと微妙に異なる可能性があります。

ロゴなどの大きさも気をつける必要があります。
名やロゴを入れるのは比較的安価にできるのですが、あまりに大きいサイズだと、名やロゴではなく柄扱いになり料金が高くなることがあります。

結局、お店と直接打ち合わせをすることが、お互いの行き違いを防ぐことになります。
打ち合わせだけは面倒くさがらずにやるようにすれば大丈夫です。

ホームページ制作の流れについて

ホームページはどのようにして作られるのでしょうか。
ここでは、専門業者の制作の流れのついて見ていきましょう。

まず、ホームページの制作の流れは、依頼者との打ち合わせから始まります。
この時に、どのようなサイトを作りたいのか、予算はどの位なのかなどを話し合い、見積もりを出します。

依頼者が見積もりを確認しOKであれば、ホームページをネット上に設置する準備を始めます。
ホームページを開設するためには、ネット上のスペースを確保する必要があるため、サーバーの用意をします。
そして、ドメインに関しても、この時点で取得をしておきます。

ここまで行ったら、いよいよホームページそのものの作成に入ります。

完成する前に、デザインや内容に関して依頼者がチェックをし、細かい調整を経て完成へと至ります。
サーバーにアップして納品とするケースや、データをメディアに保存し納品するケースなどがあります。

業者によって多少異なる点はありますが、以上が一般的な制作の流れとなります。