Monthly archives: 5月 2013

看護師だけの特権、究極のコミュニケーションとは?

看護師だけの特権、究極のコミュニケーションとは?

看護師というとすぐに頭に「3K」という言葉がよぎるのではないでしょうか。
「危険・汚い・きつい」という頭文字をとった3Kです。
それでも、人々を助けたいという気持ちから、看護師の道をめざす方が多いですよね。

それでは、看護医療の花形ともいえる看護師の魅力とはなんでしょうか。
実際に看護師になられた方のお話によると、看護医療を通じて患者さんやその家族の方から教えられることが実に多いといいます。

特にシビアな病気で、体中痛みに耐えながらも、それでも前向きに人生と向き合おうとする姿には、とても勇気を与えられるのではないでしょうか。
生きるということはそれだけで意味があり、それだけで喜びなのです。
このような経験を通じて、同時に自分自身の人生の生き様をいうものを考えさせられたということも耳にします。

このように看護師というのは、患者さんと直接の看護医療をすることに、「命のふれあい」という究極のコミュニケーションを軸とした職種といえるでしょう。